Terms of Service

 

 

 

Last updated May 12, 2020

The terms of service(noted “the agreement” in the following) governs your use of the provided services within Sumimasen Tours(noted “the service” in the following)by Event Office Mikikiitos (noted “the business operator” in the following).

 

Article 1 (Definition)

The terms used in the agreement are defined as follows.

(1) The agreement: the current terms of service

(2) Business operator : Event Office Mikikiitos

(3) The definition of the service is specified in Article 3.

(4) The website: The official site of Mikikiitos(http: //mikikiitos.com) and the official site of Sumimasen Tours(http: //sumimasen.jp)

(5) The user: any individual or corporation and group who use the service provided by Sumimasen Tours

(6) Intellectual property rights: Industrial property rights such as patent rights, trademark rights, intellectual property rights such as copyrights (including the rights stipulated in Articles 27 and 28 of the Copyright Act), and others right.

(7) Anti-social forces: an organized crime group(noted “OCG” in the following)and a members of an OCG, a former member who has withdrawn from an OCG but less than 5 years has elapsed then , a quasi-member of an OCG, a related corporation or association of an OCG, a corporate racketeer , or other acting as if advocating legitimate social causes, or a special intelligence OCG, etc.

(8) Device: the hardware interfaces, communication network, operating system and all other means.

(9) Confidential information: personal information, customer information, corporation information, and all other information.

 

Article 2 (about the agreement)

1. This agreement applies to all users.

2. The user cannot use this site and this service if he / she does not agree to this agreement.

3. The user, no matter whether it may be an individual, a corporation, or a group, is deemed to have agreed to this agreement at the time of application for registration or use of this service.

4. The contents of the agreement may be revised as needed, and the changed contents will be posted on this site or notified by other means. When using certain services, you shall be subject to the additional terms applicable to such services, please make sure you are aware of the latest revision while using.

5. The notes and introduction of the usage we posted in the service are regarded as a component part of the agreements.

6. Please be sure to read this agreement before using the service.

7. This agreement shall be regarded as a standard form contract which is only appropriate for standard transaction between the business operator and the users.

 

Article 3 (Contents and use of the service)

1. the service is our official website and sales channel to sell the cultural activities, experiences , and tours that are run by business operator.

2. This service is provided mainly in the following forms respectively.

For Japanese customers → Mikikiitos

For foreigner customers → Sumimasen Tours

3. Please book the services via the reservation system (it may involve an external site) designated by the business operator if you are an individual. Once the reservation for certain service is confirmed by the business operator, the terms of such service will be valid.

4. You shall submit the application form specified by the business operator, if you represent a corporation or an association or any other groups to book the services. Once the application for certain service is accepted by the business operator, the terms of such service will be valid.

5. The users who use the service shall be subject to the agreement as well as Civil law, Commercial law, Personal information protection law, Copyright law, and other laws.

6. The user shall take complete responsibility for using the service. The business operator shall not be held liable or responsible for the any obligation of the service utilization.

 

Article 4 (Fee and payment)

1. The fee and payment method for the service shall be specified on the official site.

2. As a general rule, the payment method for the service shall comply with the following rules.

(1) For individuals

・ Principally, you can only proceed the payment with credit card (please note that our current reservation system Urakata only accept Visa and Master)

  • At the time of reservation, you shall fill your card information, the actual payment will not occur until the day when the service has been consumed or cancelled.

  • The reservation system will be closed if you book after the reservation deadline, in that case, an instant payment via Square is to be enabled (Square: VISA, MASTER, AMEX, Discover, Diners Club, JCB). In addition, the refund process may take some days when the date of use and the date of booking are separated.

  • Cash is acceptable for some special cases, such as when there is small change need to be paid on the event day.

  • You represent and warrant the credit card that you pay with is valid. The business operator may ask you to update your account information to finish the payment.

 (2) For companies/associations or any other groups

・ Principally, you can only proceed the payment with bank transfer(Please transfer your payment to the account of Japan Post Bank that is designated by the business operator prior to the requested date. If the refund is required for any reason, the business operator will proceed the refund process after your account information confirmed)

  • Credit card payment via Square is still available if it is the best way for you and you required (Square: VISA, MASTER, AMEX, Discover, Diners Club, JCB) in this case, your payment is to be done promptly. In addition, the refund process may take some days when the date of use and the date of booking are separated.

  • Cash is acceptable for some special cases, such as when there is small change need to be paid on the event day.

  • You represent and warrant the credit card that you pay with is valid. The business operator may ask you to update your account information to finish the payment.

 

 

Article 5 (Termination and Refund)

1. The business operator will terminate the agreement with the user and refund the full price by the following cases,

(1) When the service is canceled based on the circumstances of the business operator

(2) When the service is suspended due to the visiting point reduction or off-limit place set by the facility.

(3) The service is cancelled when the number of participants is less than the minimum

(4) When a refund occurs due to the provisions of Article 6.

(5) In the other situations when the business owner judge it is necessary to refund the paid fee.

2. The business operator shall be liable only for refund of the charge due to the cancellation of the agreement with the user, and shall not be liable for damages or other liability.

3. The business operator shall not be obligated to refund the paid fee even if the agreement with the user is cancelled due to the bad weather or natural disasters.

 

Article 6 (Cancellation)

4. If you cancel after the agreement of the service confirmed, cancellation fee may be charged.

5. Cancellation fee and the payment method shall be specified on this site.

 

Article 7 (Prohibited Actions)

1. The business owner sets the following as item of prohibited actions and customers are not perform these prohibition actions.

(1) Actions which violate the agreement.

(2) Actions which violate the laws and ordinances of a criminal act

(3) Actions that infringe the rights of third parties

(4) Actions that the business operator judges to interfere with the administration of the service and the network or the system of the service.

(5) Acts that violate public order and morals

(6) The user’s use action involved in antisocial power

(7) Other actions that the business operator deems inappropriate

2. If the business operator finds that the prohibited action prescribed in the preceding clause occurred, or if the business operator determines an action which is equivalent to the prohibited action, the service may be terminated or suspended to the relevant user, the user ‘s registration and the user’s data of the service may be deleted at discretion of the business operator. The business operator shall not be liable for any damage to the user due to this.

 

Article 8 (The user's responsibility)

1. The user assumes all responsibilities regarding the use of the service.

2. Notwithstanding the provisions of the preceding clause, if a problem occurs with the use of the service by the user, the problem shall be resolved at its own expense and responsibility, and the business operator shall not be liable at all.

3. The user is responsible for obtaining a backup of the data related to the use of the service. The business operator is not responsible for the loss of data due to the lack of backup.

4. If the user causes damage to the business operator through the use of this service, the damage (including lawyer costs) of the business operator shall be compensated by the user.

5. If the user damages a third party by using the service, the user shall compensate for it at his own expense and responsibility, and the business operator shall not be liable for it. In this case, when the business operator receives a claim for damages from the third party, the user shall compensate the business operator for the amount of damages and expenses (including lawyer costs).

6. Some services are provided online, and in order to use these services, you need to be connected to the Internet. The user shall prepare the devices and the necessary provisions for getting access to use the service at his own expense and responsibility.

7. The business operator does not warrent or participate in the preparation, installation, or operation of the devices specified in the preceding clause, and does not provide support to the user. In addition, the company does not warrent that the service is compatible with all devices.

8. The user understands that the service may go through various networks and devices in the progress of using. Please understand that depending on the diverse types of network and devices, the contents of data, signals may be transformed during the whole progress of signal delivery.

Article 9 (Disclaimer)

1. The Businesses operator does not warrent that the use of this service will bring any particular effect to the users.

2. The operator pays close attention to the contents of this service, but does not warrent the accuracy, contemporariness, completeness, or usefulness of the service. The utilization of this service is at the discretion of the user.

3. The business operator does not warrent that the data created on the site of the service will not be affected by viruses etc. when accessing or using this site. The utilization of this the site of the service is at the user’s own risk.

4. The business is not responsible for any problems that may occur between the users or and the third parties regarding this service.

5. The business operator shall not be liable for damages caused by reasons of natural disasters, damages caused by special circumstances, and indirect damages including lost profits, regardless of the business operator's foresight.

6. When the conflict occurs between this agreement and consumer contract of the Consumer Contract Law (Law No. 61 of 2000), Article 2, Clause 3, the entire agreement of disclaimer become invalid.

 

Article 10 (Intellectual property rights)

Intellectual property rights related to this site and this service belong to the business operator or a third party who has a legitimate right. The users should follow the utilization method and use this service so as not to infringe the rights of other users, businesses, and other third parties.

 

Article 11 (interruption / suspension of service, change of content, termination)

1. In the following cases, the business operator may temporarily suspend or stop all or part of this service without notice or consent to the user.

(1) When it is determined that it is necessary for the installation of equipment necessary for the operation of this service and the maintenance work of the system

(2) When it is determined that it is necessary for a force majeure such as a natural disaster

(3) In case of fire / blackout

(4) When there is an impact of unauthorized access or harmful PC programs

(5) In the case of measures based on laws and regulations

(6) When the company determines that it is unavoidable

2. The business operator may change or terminate the contents of part or all of this service at the business operator's discretion after notifying the user in advance.

3. The business operator shall not be liable for any damage caused to the user in the case of the preceding 2 clauses. However, if all services are permanently terminated, the fees will be refunded if you have received payment for this service after termination.

 

Article 12 (Confidentiality)

The business owner and the user,each party shall protect the confidentiality of all confidential information of the other party with the due care of a prudent manager, neither party may disclose the information identified as confidential to any third party without the prior written consent of the other. Regarding the use of personal information, refer to privacy policy set forth separately in the following page,

https://www.sumimasen.jp/privacy-policy

 

Article 13 (Collection, analysis and handling of information of the users)

1. The business operator may use the registration information, terminal information, and other information related to the user in order to transmit, statisticize, put the unspecified user information to the other practical use and report to a third party through methods that does not identify any individual or corporation.

2. The business operator collects site usage status by using the information collection module such as cookie in order to know the usage status of this service. For these information collection modules, please refer to the terms of service and privacy policy of the providers.

3. The business owner shall not be liable for any damage caused by the use of information collection modules such as cookies.

 

Article 14 (Exclusion of anti-social forces)

1. The business owner and the users shall represent and warrant that they do not fall under any of the following provisions at present and in the future.

(1) Being an antisocial force

(2) Having a relationship in which antisocial forces are recognized as controlling the management

(3) Having a relationship in which it is recognized that antisocial forces are substantially involved in management

(4) Having a relationship that is deemed to be unfairly using anti-social forces, such as for the purpose of making an unfair advantage of itself or a third party or for the purpose of damaging a third party.

(5) Having a relationship recognized as being involved in providing funds, etc. to antisocial forces, or providing convenience.

(6) Officers or persons who are substantially involved in management have a relationship that should be condemned socially with antisocial forces.

(7) To make violent demands, threatening behaviors, unreasonable demands beyond legal liability, or disguise others' credibility or interfere with business due to dissemination of rumor, false accounting, power, etc.

2. The business owner and the user may terminate or cancel the service immediately without notice to the other party meanwhile shall able to claim compensation for the damage incurred that caused by the other party, in the case when it is discovered that the other party is an antisocial force or falls under any of the provision set forth in the preceding clause.

 

Article 15 (Transfer of rights and status, etc.)

The business owner and users shall not be able to dispose of all rights, obligations and status related to this service without consent of the other party, regardless of transfer, sublease, collateral insertion or any other form.

 

Article 16 (Separability)

Even if either article or part of this agreement is judged by laws and ordinances of impossible of invalidity or the execution, the remaining rule of this agreement and a part continue to be valid and shall completely have effect.

 

Article 17 (Consultation and Dispute Resolution)

If there is any doubt about matters not stipulated in this agreement or the interpretation of this agreement, the business operator and the user shall seek mutual solution promptly after mutual consultation in accordance with the principle of good faith.

 

Article 18 (Jurisdiction Court)

For litigation between the business operator and the user, the district court or the summary court having jurisdiction over the business owner's head office shall be the exclusive agreement jurisdictional court of the first instance.

 

Article 19 (Governing Law)

The interpretation of these Terms shall be governed by the laws of Japan.

利用規約

 

本規約は、事業者が運営する、本サービスの利用条件を定めるものです。

第1条    (定義)
この利用規約において使用する語句について、次に掲げる通り定義します。
(1)    本規約 この規約です。
(2)    事業者 EventOfficeミキキートス
(3)    本サービス 第3条で定めます。
(4)    本サイト http:// mikikiitos.com 及び http:// sumimasen.jp
(5)    利用者 本サービスを利用する個人又は法人及び団体
(6)    知的財産権等 特許権、商標権等の産業財産権、著作権(著作権法第27条及び第28条に規定されている権利を含む)等の知的財産権、その他の権利
(7)    反社会的勢力 暴力団・暴力団員・暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員・暴力団関係企業・総会屋等・社会運動標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者
(8)    機器等 機器、通信回線ソフトウェアその他一切の手段
(9)    機密情報 個人情報、顧客情報、企業情報、その他すべての情報

第2条    (この利用規約について)
1.    本規約は、利用者全員に適用されます。
2.    利用者は、本規約への同意がない場合には、本サイト及び本サービスをご利用いただくことはできません。
3.    本サービスの利用者は、個人・法人・団体を問わず、登録の申込時点又は本サービス利用時点で、本規約に同意したものとみなします。
4.    本規約の内容は、必要に応じて変更することがあり、変更内容は本サイトへの掲載、その他の方法で通知します。変更された場合は、変更後に利用する段階で変更内容に承諾したものとみなし、最新の規約が適用されますので、ご利用の際は最新の利用規約をご覧下さい。
5.    本サービスには、本規約の他に、本サイトに本サービスの利用方法やご注意いただくべき事項が表示されています。これらも実質的には本規約の一部をなすものとします。
6.    本サービスご利用前には本規約を必ずお読みください。
7.    本規約は、定型約款として事業者と登録者との間の定型取引に適用されるものとします。

第3条    (本サービス内容及び利用方法)
1.    本サービスは、事業者が企画し、事業者のガイドによる体験アクティビティ及び体験ツアーを販売するものです。
2.    本サービスは、主に次の形態で提供します。
日本人向け、日本語で提供→ミキキートス
外国人向け、英語で提供→Sumimasen Tours
3.    利用者は、個人の場合は、事業者が定める予約システム及び他社の予約サイトを通して本サービスを予約してください。予約が成立した時点で、利用者と事業者との間に、本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立するものとします。
4.    利用者は、法人及び団体の場合は、事業者が定める申込書を事業者に提出してください。事業者が申込書を受領して、内容に承諾した時点で、利用者と事業者との間に、本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立するものとします。
5.    利用者は、本サービスを本規約に従い、民法、商法、個人情報保護法、著作権法その他法令を遵守して利用して下さい。
6.    利用者は、本サービスを利用したことに関する一切の責任を負います。事業者は利用者の利用につき特に定める場合を除き、一切の責任を負いません。

 

第4条    (料金及び支払い)
1.    本サービスの料金及び支払い方法は、本サイトに定めるものとします。
2.    本サービスの料金の支払い方法は、原則として次の定めに従うものとします。
 

(1)    利用者が個人の場合
・    原則クレジットカード決済のみ(予約システム urakata : VISA,MASTER)
・    利用者は、クレジットカード情報のみを登録し、本サービス利用日又はキャンセル確定時に決済されます。
・    予約期限以降の追加等、予約システムが利用不可の場合は、原則クレジットカード決済(Square : VISA,MASTER,AMEX,Discover,Diners Club,JCB) とし、即時決済を原則とします。なお、利用日と決済日が離れている場合において、返金が必要な場合には、返金に時間を要する場合があります。
・    当日差額が生じた場合等、特別な場合に現金決済を認める場合があります。
・    有効なクレジットカードにより決済すること、決済されない場合は、事業者の要請により速やかに再決済を行うこと。
 

(2)    利用者が法人及び団体の場合
・    銀行振込みによることを原則とします。事業者への支払いは、事業者が指定するゆうちょ銀行の指定の口座に予め指定した期日までの入金して下さい。返金については、ご利用代金確定後に指定の振込先口座をお伺いした上で返金します。
・    例外的に、希望者に対しては、クレジットカード決済(Square : VISA,MASTER,AMEX,Discover,Diners Club,JCB)を認める場合があります。この場合、即時決済を原則とします。なお、利用日と決済日が離れている場合において、返金が必要な場合には、返金に時間を要する場合があります。
・    当日差額が生じた場合等、特別な場合に現金決済を認める場合があります。
・    有効なクレジットカードにより決済すること、決済されない場合は、事業者の要請により速やかに再決済を行うこと。

第5条    (解除及び返金)
1.    事業者は、次の場合に、利用者との利用契約を解除し、支払われた料金の全額または一部を返金します。
(1)    事業者の事情に基づき本サービスを中止する場合
(2)    訪問施設の事情により見学箇所の制限、立入禁止がされたことに伴いサービスを中止する場合
(3)    最少催行人数に満たない場合のサービス中止時
(4)    第6条に定める規定により返金が生じる場合。
(5)    その他、返金の必要があると事業者が判断した場合
2.    事業者は、前項の場合に、利用者との利用契約の解除にともない、料金の返金のみの責任を負うものとし、損害賠償、その他責任を負わないものとします。
3.    事業者は、悪天候、天変地異等により本サービスを中止する場合には、利用者との利用契約を解除した場合でも、支払われた料金を返金する義務を負わないものとします。

第6条    (キャンセル)
4.    本サービスの利用契約成立後にキャンセルする場合は、キャンセル料が発生する場合があります。
5.    キャンセル料及びキャンセル料の支払いについては、本サイトに定めるものとします。

第7条    (禁止事項等)
1.    利用者は、以下の各号の行為は禁止されます。
(1)    本規約に違反する行為
(2)    法令に違反する行為又は違反するおそれのある行為
(3)    第三者の権利を侵害又は侵害を助長する行為
(4)    本サービス又はサーバーに対する妨害と事業者が判断する行為
(5)    公序良俗に反する行為
(6)    反社会的勢力に関与する利用者の利用行為
(7)    その他事業者が不適切と判断する行為


2.    事業者は、利用者に前項に定める禁止行為が見受けられた場合、又は事業者が当該禁止事項に該当すると判断した場合には、事業者の裁量において利用者に対しての本サービスの提供を停止・中止、登録の抹消、事業者サーバー内のデータ削除等することができるものとします。これによる利用者の損害について、事業者は一切の責任を負わないものとします。

第8条    (利用者の責任)
1.    利用者は、本サービスの利用に関し一切の責任を負うものとします。
2.    前項の定めに関わらず、利用者の本サービス利用に関して問題が発生した場合は、自己の費用と責任に於いてかかる問題を解決するものとし、事業者は一切の責任を負わないものとします。
3.    利用者は、自己の責任で本サービスの利用に関するデータのバックアップを取得しなければいけません。事業者は、バックアップ未取得によるデータの喪失による責任を負いません。
4.    利用者が、本サービスの利用によって事業者に対して損害を与えたときは、当該損害(弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
5.    利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、事業者は一切その責任を負わないものとします。この場合において、事業者が、第三者から損害賠償請求を受けたときは、利用者は、事業者に対し、その損害額及び費用(弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
6.    本サービスの中にはオンラインで実施されるものがあり、それらの利用には、インターネットに接続する必要があります。利用者は、自己の費用と責任において、本サービスを利用するために必要となる機器等を用意するものとします。
7.    事業者は、前項に定める機器等の準備、設置、操作に関し、一切保証又は関与せず、利用者に対するサポートも行いません。また、事業者は、本サービスがあらゆる機器等に適合することを保証するものではありません。
8.    利用者は、本サービスを利用する過程で、種々のネットワークや機器を経由することがあることを理解し、接続しているネットワークや機器の種類等によっては、それらに接続したり、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解した上で、本サービスを利用するものとします。

 

第9条    (免責)
1.    事業者は、本サービスの利用により利用者に特定の効果が生じることを保証するものではありません。
2.    事業者は、本サービスの内容について、充分に注意を払いますが、その正確性・完全性・最新性・有用性等に関して、いかなる保証をするものではありません。本サービスの利用については、登録者の自主的な判断によるものとします。
3.    事業者は、本サイトで作成したデータの保存、本サイトへのアクセス、本サイト利用によりウィルス等の影響を受けないことについて保証しません。利用者は自己責任で本サイトをご利用下さい。
4.    事業者は、本サービスに関して利用者相互、利用者と第三者との間に生じた問題については一切の責任を負いません。
5.    事業者は、天災地変等事業者の責に帰さない事由により生じた損害、事業者の予見の有無を問わず、特別の事情から生じた損害、逸失利益を含む間接損害について賠償責任を負わないものとします。
6.    本規約が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合には、本規約のうち、事業者の損害賠償責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。

第10条    (知的財産権等)
本サイト及び本サービスに関する知的財産権等は事業者又は正当な権利を有する第三者に帰属します。利用者は、他の利用者、事業者、その他第三者の権利侵害をすることのないよう利用方法を守って本サービスを利用してください。

 

第11条    (サービスの中断・停止、内容の変更、終了)
1.    事業者は、次に掲げる場合、利用者への事前の通知又は承諾を要せずして、一時的に本サービスの全部又は一部を中断・停止できるものとします。
(1)    本サービスの運営上必要な設備の設置、システムの保守作業のために必要であると判断した場合
(2)    天災等の不可抗力のために必要であると判断した場合
(3)    火災・停電の場合
(4)    不正アクセス・有害なPCブログラム等による影響がある場合
(5)    法令等に基づく措置の場合
(6)    その他事業者がやむを得ないと判断した場合
2.    事業者は、利用者に事前通知をした上で事業者の判断により本サービスの一部又は全てについて内容の変更又は終了できるものとします。
3.    前2項の場合に利用者に生じた損害について、事業者は責めを負わないものとします。ただし、全てのサービスを永続的に終了させた場合は、終了後の本サービスについて料金の支払いを受けている場合は、料金を返還します。

 

第12条    (秘密保持)
事業者及び利用者は、本サービスの利用に関して相手方から開示又は提供された機密情報を善良なる管理者の注意をもって取扱い、事前に書面により相手方の同意を得ることなく、本サービスの目的以外に使用し、又は第三者に開示又は提供してはならないものとします。個人情報の利用については、別に定めるプライバシーポリシーに従うものとします。

第13条    (利用者に関する情報の収集、解析及び取扱い)
1.    事業者は、個人が特定されない形式で、登録情報、端末情報、その他利用者に関する情報を、事業者が行う情報配信、統計、その他のサービスに活用し又は第三者に提供するため、利用する場合があります。
2.    事業者は、本サービスの利用状況を把握するため、Cookieなどの情報収集モジュールを利用して、本サービスの利用情報を収集します。これら情報収集モジュールについては、各提供者の利用規約及びプライバシーポリシー等をご参照ください。
3.    事業者は、Cookieなどの情報収集モジュール利用により生じた損害については責任を負わないものとします。

第14条    (反社会的勢力の排除)
1.    事業者及び利用者は、現在及び将来にわたり、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し保証するものとします。
(1)    反社会的勢力に該当すること
(2)    反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
(3)    反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(4)    自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
(5)    反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(6)    役員又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること
(7)    自己又は第三者をして暴力的要求、脅迫的言動、法的責任を超えた不当な要求、風説の流布・偽計・威力等による他人の信用毀損・業務妨害を行うこと
 

2.    事業者又は利用者は、相手方が前項の表明・保証に違反して、前項各号の一にでも該当することが判明したときは、何らの催告をせず、本サービスの提供の停止、及び直ちに本サービスに関するすべての契約を解除することができるとともに、被った損害の賠償を請求することができるものとします。

 

第15条    (権利及び地位の譲渡等)
事業者及び利用者は、本サービスに関する一切の権利、義務及び地位を相手方の承諾なしに、譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできないものとします。

第16条    (分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

第17条    (協議解決)
事業者及び利用者は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

 

第18条    (管轄裁判所)
事業者と利用者との間における訴訟は、事業者の本店所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第19条    (準拠法)
本規約の解釈は日本国の法律に準拠するものとします。

 

規約制定 2020年5月12日